【スポンサードリンク】
   



公認心理師は取得するべき?


臨床心理士を取得した人の中で、公認心理師は取得したほうがいいのかどうかという声を聴くことがあります。

私の率直な思いを上げるとすれば、取得するべきでしょう。

そもそも、臨床心理士は民間資格なので、法的には何も守られていません。

民間資格とは「それだけの知識があることを証明する」程度の資格で、国家資格は「この資格で○○の仕事ができる」ということが保証されている資格です。

例えば、特別支援教育士という資格がありますが、これは日本LD学会が発行している民間資格であり、「発達障害の教育においてある一定の知識とスキルがある」ということを証明している資格です。

しかし、この資格を持って学校の教職員になることは不可能です。

その場合、教員免許が必要となります。

学校で働くためには、教員免許という国家資格が必要なのです。

まあ、教員免許=国家資格かどうかという突っ込みはおいて置いて、ここで言いたいことは、民間資格は単なる知識があることを証明するものであり、国家資格は国の法律でメリットが定められているという大きな違いがあるのです。

そのため、公認心理師は今後は医療・福祉・教育・産業・司法の分野において、ますます法整備が行われ、心理職にとって必要不可欠のものになってくるのではないかと思います。

そのため、公認心理師は絶対に取得するべきだと思います。





posted by 現役臨床心理士 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師と臨床心理士の違いとは?


2017年9月に公認心理師法が施行されました。

今は経過措置中で、自分には受験資格があるのかどうか、かなり混乱している方も多いと思われます。

また、公認心理師って取得する必要があるの?と疑問に思っている方もおられるようでしょう。

もう一つ言えば、公認心理師と臨床心理士の違いがよくわかっていない方も多いと思われます。

ここでは公認心理師と臨床心理士の違いについてお伝えしたいと思います。

これらの一番の違いは国家資格かどうかというところです。

臨床心理士は一番有名なカウンセラー資格で、大学院の修了が条件など、非常に取得難易度の高い資格の一つですが、民間資格であり、国家資格ではありません。

こうことをお話しすると、多くの方がびっくりされるのですが、臨床心理士は国家資格ではないのです。
あくまでも臨床心理士資格認定協会が発行している民間資格でしかないのです。

民間の資格は「あなたは最低限の知識がある」ということを証明する以上の効果はありません。要するに、大学院で心理学やカウンセリングを学び、臨床心理士試験に合格するだけの知識があることを証明する資格でしかないのです。

それに対して、国家資格は「この資格がないと、こういう仕事はできません」ということが法的に証明されています。
例えば、医療行為は医師や看護師などの国家資格を持っていることが必須です。
他にも作業療法士、精神保健福祉士、理学療法士といった国家資格を持っていないと医療現場で働くことはできません。

臨床心理士のカウンセリングが保険点数としてつかないのは、国家資格ではないからです。

おそらく、公認心理師が法的に整備されてくれば、カウンセリングが保険点数内で行えるようになってくる可能性が高まるでしょう。
また、心理検査も公認心理師が行えば、保険点数がつくようになってくると思います。

まとめると、臨床心理士は「心理学の知識を収めていることを証明する資格」であり、公認心理師は「心理の仕事のメリットを法的に保障されている資格」ということになります。

全く違う資格なのです。

以上、違いをお伝えしました。

posted by 現役臨床心理士 at | 公認心理師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨床心理士を目指すうえで心得ておきたいこと


臨床心理士を目指すうえで、心得ておきたいこと。


それはチームで動くという視点です。

昔の臨床心理士の業務と言えば、カウンセリングや心理検査がメインで、どちらかと言えば職人気質のような専門性が重視されていました。

しかし、臨床心理士の就職先が広がっていく中で、だんだんとチームワークでどう専門性を発揮するかということが大変重要になってきているのです。

ただ、この辺りのことは大学院の授業ではなかなか教えてくれません。

授業は大抵は、カウンセリングのケースに関する対応がメインになってきます。
また、カウンセリングの理論や心理検査の授業もあります。

ただ、チームで動くということについては、なかなか大学院では教えてはくれません。

ちなみに看護師や教職員は、チームで動くことの大切さを実習や授業を通して学ぶ機会がたくさんあります。

臨床心理士の職種が広がっていくにつれて、そうしたチームでの動きができる人でないと務まらなくなってきているのが現状です。

posted by GUEST at | 臨床心理士の心構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認心理師がついに成立。臨床心理士の資格はどうなるのか!?



先日、9月9日に公認心理師がついに
参議院本会議にて可決されました。

つまりつまり、
やっと心理の資格がが国家資格と
なったわけです。


思えば、私が学生の頃から、
心理の国家資格化が叫ばれてました。

臨床心理士が国家資格となるのでは・・・
と当時は謳われていましたが、
結局、臨床心理士は国家資格とは
なりませんでしたね。

公認心理師 臨床心理士

ちなみに、公認心理師が国家資格となったことで、
臨床心理士にはどんな影響があるのでしょう?

ハッキリ言えるのは、
臨床心理士は文科省が管轄であるのに対して、
公認心理師は厚労省が管轄だということです。

また、公認心理師がこれから増えるのに
まだまだ時間がかかります。

当面は臨床心理士がメインとなって、
徐々に公認心理師に移行するような措置が
取られるんじゃないかと思います。


現時点ではカウンセラーを目指すのであれば、
臨床心理士を目指して問題はないでしょう。

公認心理師がカウンセリングを行えば、
医療点数が取れるという措置が取られれば、
医療現場では公認心理師が必須となると思います。

ただ、スクールカウンセラーに関しては、
臨床心理士のままだろうと思います。

公認心理師が主流となるのには、学校現場では
かなり時間がかかると思います。

それから福祉施設や児童相談所も
当面は臨床心理士が主流でしょうね。

公認心理師も可というような
募集が増えるくらいだと思います。

結論を言えば、公認心理師は当面は医療関係で
必須の資格になると思います。
(医療点数の必要性から)

まあ、上記は、私の推測ですし、
流れによっては違った方向に進むと思いますので、
参考程度にしていただければと思います。

ただ、心理の国家資格であることは間違いないので、
できるだけ公認心理師も取るようにしましょう。

公認心理師は大卒でも現場経験があれば、
取れるということなので、
臨床心理士とどう絡んでいくのか、
棲み分けができるようになるのか、
まだまだ不透明な部分があります。


平成30年施行ということなので、
それまでの間に国会でいろいろ審議をされて、
現場が混乱しないような資格になるように
していただきたいなあと思います。

posted by 現役臨床心理士 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カウンセラーになるには!?まずは資格取得が近道



「カウンセラーになりたい!!」
そんな夢を持っている方はたくさんおられると思います。

でもその一方でカウンセラーになるにはどうすればいいか、
わからないでモヤモヤしている方もたくさんいると思います。

ちなみに、カウンセラーになりたいというのは、
将来はどんなカウンセラーになりたいということでしょうか?

カウンセラーになる近道は二つです。

まず、どんなカウンセリングをしたいのか。

開業をしたいのか。
福祉施設で働きたいのか。
スクールカウンセラーになりたいのか。
病院で働きたいのか。
企業カウンセラーとして働きたいのか。

まずは自身のキャリアプランを明確にしておきましょう。

その上で、どんな資格を取れは近道か。
それを考えることが第一です。

下のサイトでは、
カウンセラーとしての資格や講座について、
無料で情報がゲットできます。

平成30年に公認心理師が国家資格化されますが、
まだまだカウンセリングをしていく上で、
民間カウンセラーでもチャンスはあります。

特に忙しい社会人や主婦では
もう一度大学を受けなおして大学院までというのは
かなり至難の業です。

カウンセリングは民間資格でも行うことは可能なので、
カウンセラーを目指したい方は、
まずは資格を取得することが第一歩になるでしょう。

それがあなたの「カウンセラーになりたい」という
夢を叶える第一歩となるのです。



posted by 現役臨床心理士 at | カウンセラーのなり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】