【スポンサードリンク】
   



なぜ臨床心理士の資格を取得する必要があるのか?


カウンセラーになりたいのであれば、
臨床心理士の資格を
取得するべきだと思います。


特に若い方、高校生や大学生の方で
「将来カウンセラーになりたい」
と考えている方であればなおさらでしょう。

もちろん、カウンセラー資格に
国家資格はありませんし、
臨床心理士も国家資格ではありません。

カウンセラーになりたいのであれば、
民間のカウンセラー資格でも問題はないのです。

実際、民間のカウンセラー資格で
成功している方もたくさんおられます。

有名どころでいえば、
心屋仁之介さんはそうですね。

心屋一派のカウンセラーの多くは
臨床心理士ではなく民間のカウンセラー資格の方です。

となると、別に臨床心理士を
取得する必要はないと思われますが、

私はそれでも
「なりたいのなら持つべき」
という考えです。

別に私は「臨床心理士こそが一番だ」
という選民意識はないのですが、
臨床心理士の資格は他のカウンセラー資格と
比べて格段にブランド力が大きいのです。


つまり、病院にしろ、学校にしろ、
福祉施設にしろ、公共機関にしろ、
大抵の仕事場で「臨床心理士」を
持っていることが前提になります


よくカウンセリングスクールで
「病院・学校ですぐに働くことの
できるカウンセラー資格」
という謳い文句をよく見ますが、
臨床心理士以外でカウンセラーの職を
得ることは大変難しいです。


もちろん、
産業カウンセラーやカウンセリング学会公認の
認定カウンセラーであれば就職は
いく分かしやすいでしょう。

それから、
カウンセラーとして活躍するためには、
経験が必要です。


ペーパードライバーがトラックの運転手に
なることはできません。

運転という経験があって
初めてなることが可能なのです。

それと同じことで
カウンセラーの仕事をしたければ、
カウンセリングの経験が必要なのです。

そのためには、
カウンセリングの仕事を得る必要があります。

そして、
職を得るのに最も手早い資格が
臨床心理士の資格なのです。

臨床心理士が他のカウンセラー資格より
優れている証明にはなりませんが、
仕事を得やすい資格であるのは
間違いはないだろうと思います。




【スポンサードリンク】
   


posted by 現役臨床心理士 at | 臨床心理士とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。