【スポンサードリンク】
   



臨床心理士の給料の相場とは?


臨床心理士の給料の相場についてみていきたいと思います。

※以下は私が過去に応募したたくさんの臨床心理士の仕事の案内の情報を基準にして書いています。そのため、場所によっては違ってくるかもしれません。あくまでも参考として見ていただければ幸いです。

まずは常勤職(つまり、正社員)の場合から。
公務員の場合は、初任給は20万前後です。
病院になると、病院によって差があり、初任給は15万〜25万くらいです。
福祉施設(児童養護施設、障害者支援施設など)は初任給15万前後くらいです。
NPO法人の施設(就労支援センター、フリースクールなど)は幅があり18万から25万ほどもらえるケースもあります。

もっとも正社員雇用なので、給料は上がっていきますし、ボーナスも出ます。
(わずかしか上がらないところが多いですが)
また退職金も貰えますし、厚生年金や社会保険の加入もあります。これは結構大きいです。

ちなみに、嘱託職員(つまり、契約社員)の場合だと、ボーナスは出ずに大体20万前後が相場の給料です。ただ、そこから一生上がることはありません。

さらに非常勤・パートアルバイトの場合を見てみましょう。
スクールカウンセラーの場合は、時給5000円が相場です。結構大きいですね。
しかし、年間210時間の勤務時間という規定があり、1つの学校につき、単純計算で年間100万前後しかもらえません(都道府県によって異なります)。

あとは福祉施設や病院のアルバイトがあります。相場は、大抵800円から2000円までです。それが8時間労働となると6400円〜16000円は日給としてもらえる計算になります。

あとはボランティアもありますが、ボランティアなので無報酬です。

開業の場合だと、カウンセリングの腕にもよると思いますが、儲かる人は1000万以上、儲からない人は100万も行かないなどピンきりのようです。

以上簡単ですが、臨床心理士の給料の相場について、ざっと見てみました。

臨床心理士の給料の相場



【スポンサードリンク】
   


posted by 現役臨床心理士 at | 臨床心理士の現実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。