【スポンサードリンク】
   



指定大学院合格のためのおすすめの参考書!!


臨床心理士になるためには
指定大学院に合格することです。

しかし、どんな勉強をすればいいのかわからず
困っている方も多いのではないかと思います。

基本は参考書や文献を何度も読み返したり、
まとめたりして勉強するのですが、
私が学生の頃は「大学院の受験のための参考書」
というのはありませんでした。


そのため必死に心理臨床大事典を
何度も繰り返し読んで、線を引いて、
ノートにまとめていたのを覚えています。



あとは、英語の勉強は
英語論文を必死で和訳しました。

そこでわからない単語をノートに
書き写して必死で覚えていたものです。

あとは下記の英単語帳を必死で
何度も電車の中で覚えました。

 

さらに試験問題を何度もして、
どんなものが出るかを徹底的に把握して覚えました。

昔はそうした苦労に苦労を
重ねて勉強をしましたが、
今は結構便利になっています。

まずは以下の参考書などが出る様になりました。

そのため、全体的な試験の内容や、
覚えるべきポイントが
大分わかりやすくなっています。


一番は中央ゼミナールが
出している「合格」シリーズですね。

英語と専門の両方があります。

何度もしてみることをお勧めします。

 

あとは論述対策用の本も出ています。

大学院の試験の大半は論述形式です。

そのため、ただ覚えるだけでなく、
何度も繰り返し論述を書いて
文章能力を身に着けることが必要です。




あとは心理臨床家の手引きや、
河合隼雄の本など、
臨床心理士の心構えに関するような
書籍をある程度読んでおくとよいでしょう。


また、興味がある心理療法や領域の本を
読んでおくと、研究計画書の作成や
大学院選びの参考になります。



ぜひ、頑張ってください。




【スポンサードリンク】
   


posted by 現役臨床心理士 at | 大学院試験の勉強の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【スポンサードリンク】
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。